自己破産入門書

自己破産は、想像するよりも意外と身近な現実です。自分の場合は本当に大丈夫か、考えてみましょう。

自己破産!自分は本当に大丈夫?

『自己破産』というと、どこかの誰かが何かの事情で多額の借金から抜け出せなくなって、ついには選択せざるを得なくなって陥る遠いもの、という気がしていませんか?

自己破産を申請した人々の過去のデータによると、国民の約70人に1人が自己破産の経験があるという計算になるのだそうです。

学校の教室で見たら、2クラスに1人はいるという割合ですから、これは想像するよりもかなり身近な気がしませんか?

ただ知らないだけで、実はすごく近くに自己破産をしたことのある人がいるのかもしれません。http://www.solunagrill.com/も見てください。

また、ブラックリストに名前が登録されている人の人口は、なんと300万人にものぼり、これは国民の約40人に1人という割合になります。

ブラックリストに名前が登録されている人は、自己破産予備軍とも言われているため、その人々を加えると、自己破産に近いところにいる人口はさらに増えることになります。

自己破産は、多重債務により陥ることが多いようですが、多重債務予備軍と言われる人口は、なんと国民の8人に1人というから驚きです。

そう考えてみると、誰しも自己破産の危険性があるのです。

自分の経済状況は、本当に大丈夫?と一度、考えてみる機会が必要かもしれません。